ニュース

2019年度 経営史学会『出版文化社賞』の授与について

2019.10.26


2019年度の経営史学会『出版文化社賞』は、谷口洋斗先生、畠中茂朗先生の研究論文に授与されました。

谷口洋斗氏

【学会賞・本賞】
谷口 洋斗 先生
「戦後日本における製材産地の組織化―清水港木材産業協同組合を事例に―」
(『経営史学』53巻3号、2018年12月)

  • 1990年8月生まれ
  • 2017-18年度 日本学術振興会特別研究員DC2
  • 慶應義塾大学大学院経済学研究科 後期博士課程 単位取得退学
  • 現在 株式会社ディー・エヌ・エー勤務



畠中 茂朗氏

【学会賞・奨励賞】
畠中 茂朗 先生
「明治期地方企業家の成長と事業展開―旧長府藩士豊永長吉を事例として―」
(『経営史学』53巻2号、2018年9月)

  • 1959年6月生まれ
  • 山口大学大学院東アジア研究科博士課程修了
  • 現在 早鞆高等学校教諭 下関市立大学非常勤講師



  • ニューストップ